blog index

ペギー葉山のブログです。

ペギー葉山の、ブログです。
<< 真夏のジャズ あれこれ | main | 2009よさこい祭り全国大会 >>
広島への祈り
0
     今日は広島への原爆投下の日。私の祖父の命日です。朝、仏壇に手を合わせながら、64年前を思い出していました。父の故郷の広島へ99%縁故疎開することが決まっていた私に父が突然変更したのです。海軍の基地もある「呉」が敵の標的になることを心配したからです。土壇場に私は中野区桃園第二国民学校5年生の集団疎開児童として急遽、今のいわき市に出発することになりました。昭和19年8月終わり、暑い朝のことです。その後戦争が激化し終戦は再疎開の地の田島で迎え、その後、姉が出産のため滞在していた宮城県の中山平に滞在中の母に引き取られました。8月の10日頃だったでしょうか、広島に特殊爆弾が落とされて沢山の人が亡くなり、祖父をはじめとして親戚が焼け出されたというニュースを新聞で知ったのでした。それと同時に祖父があの8時15分、家の仏壇に手を合わせたままで遺体で発見されたという悲しい知らせを受けたのでした。オジイチャマに可愛がってもらっていた私は夢中で飛び出しました。は滞在していた旅館の『仙庄館」のすぐ前の坂を駆け上って、空に向って「オジイチャーーン」と泣きながら叫んだ悲しい思い出があったのです。たった一発の恐ろしい「ピカドン」で30万人以上の罪のない市民が、地獄絵図の中に亡くなったあの恐ろしい日。そして続いて9日は長崎にも・・・地球が汚染を始めたのはあの戦争以後のことです、神がお怒りになっているのです。核兵器は絶対許せないものです。このおぞましい兵器を現在保有している国が存在していることすら、許せないことです。アメリカのオバマ大統領は戦後64年目にして漸く『核兵器廃絶」を訴えてくれました。遅すぎると思うけど、彼の発言をこの地球全人類は拍手を持って迎えるべきです。日本の政治家さんもオバマさんの発言に後押しされたのでしょうか、原爆症原告全員救済、官房長官謝罪。あれから一体、何年月日が流れているのですか!!64年ですよ!!・・・日本のYES,We CAN!
    は遅すぎると思いません?
    | ペギー葉山 | 日々のこと | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.peggy.sunnyday.jp/trackback/1227020
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    bolg index このページの先頭へ